暮らし・生活

甥っ子への中学入学祝い金の相場はいくら?プレゼントは何がおすすめ?

桜の花が咲く春は、子供たちの入学の時期でもあります。大きなランドセルを背負って小学校に通っていた小さな甥っ子も今年は中学校に入学!

さて、「中学入学祝って甥っ子の場合、相場はいくらなの?」

「プレゼントの場合はどんな品物が喜ばれるの?」

と、贈る側としては、あれこれと頭を悩ませる時期でもありますね。

そんなお悩みを解決するために、今回は甥っ子の場合の中学入学祝金の相場や、送って喜ばれるプレゼントなどをまとめてみましたので参考にしていただきたいと思います。

「中学入学祝」甥っ子への場合、相場はいくら?

お金でお祝いをする場合、金額はどのくらい包めばいいでしょう?

甥っ子に伯父伯母(叔父叔母)がお祝い金を渡す場合の相場はというと

5,000円~から10,000円が一般的です。

最近では、10,000円というのが一般的になりつつあるようですが、兄弟姉妹がいる場合は、あらかじめ金額を相談してそろえるのもいいですね。

甥っ子ということですから、叔父叔母(伯父伯母)としては、今の時代だとやはり10,000円が妥当ではないでしょうか。もちろんそれ以上でもいいでしょう。

またこちらが先に頂いた場合は、もらった金額と同程度の金額を包むのが一番です。

入学祝いにはお返しをしないのが普通、と言われています。ですから受け取る側があまり負担にならない金額が良いですね。

ただ一般的には入学祝いはお返しなしということにはなっていても、「ありがとうございました、無事入学できました!」と菓子折りぐらいもってご挨拶に行かれると、おじさん、おばさんも喜ばれるのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

「中学入学祝」プレゼントは何がおすすめ?

可愛いらしかった甥っ子も、中学生ともなれば自我も芽生え趣味やスポーツにと生活の幅を大きく広げていく時期です。

小学生の頃とはライフスタイルも変わり、大人に一歩近づく年頃。

もし、お祝いを品物であげるとしたらどんなものがいいでしょう?

普段は持たない高級感のある物、小学生の頃よりちょっと大人っぽい、おしゃれなものなどをあげると喜ばれるようですよ。

また、甥っ子さんの現在の生活ぶりや関心事などを、本人や親御さんからそれとなく聞いて選ぶのも一つの方法かと思います。

直接本人に欲しい物を聞くのも大アリです!!

色々調べると昔も今も、入学祝の定番商品と言えば?

定番商品:腕時計、万年筆、図書カード、スポーツバッグなど

ですが、正直今時の男の子が喜ぶものとしてはちょっと不向きなものもありますよね。万年筆など今どき中学生は使いませんよね(笑)図書カードは良いのですが面白みがないというか、それなら現金でいいのではと思ってしまいます。

人気商品を調べてみると?

人気商品:腕時計・財布・自転車・スポーツ関係のもの・タブレット等

があげられていますが、時計・財布・自転車などは安いものから高額なものまでありますので、お付き合いの程度、ご予算などに合わせて考えたほうがいいですね。

実際SNSをみると3万円近い品物を送られる方も多いようで驚きです。

今どきは、時計といってもスマートウオッチそれともGShokなのでしょうか!!

また日常使うものについては親御さんご本人と相談されることをオススメします。

せっかくプレゼントしても、気に入ってもらえず使ってもらえなかった…ということも。そうなったら残念ですからね。

お祝い豆知識 

中学入学祝いに限らず、お祝い一般常識を少しご紹介します。

のし袋の種類

基本的には、おめでたい時に使われる「紅白の蝶結び」の、のし袋を使います。

一万円~二万円:水引が印刷されたものを使用

三万円以上は:本物の水引を使用

とはいっても、今は大変おしゃれなお祝い袋がたくさん販売されていて、袋を選ぶのもまた楽しいものですよね。

ですから、のし袋(お祝い袋)はあまり入れる金額やしきたりにこだわらなくても良い時代なのではないかと私は思います。

入学祝いの「のし袋」の表書き

表書きの上段に「祝御入学」「御入学祝」「入学御祝」と書きます。

4文字を嫌う方もいるので、親しい間柄の場合は「ご入学おめでとう」のように親しみのある書き方をするのもいいですね。

のし袋の下段には、上段より小さめの文字で自身の姓、またはフルネームを、毛筆または筆ペンで書きます。

兄弟姉妹がいる場合は、間違いのないようにフルネームで書くのが良いでしょう。

夫、または夫婦連名で書いてもかまいません。

お札の入れ方

お札は新札を使用し、顔が描かれた方が表になるように入れます。

入学祝の贈る時期

「中学の入学祝」を贈る時期はいつ頃がいいのでしょう?

入学式2、3週間前までに渡すのがベストです。

入学準備などで何かとバタバタしている時期ですから、遅くとも1週間前までには渡したいですね。

また、お正月にお年玉と一緒に渡してもよいでしょう。

まとめ

以上、中学入学祝甥っ子の場合の、お祝いの相場やプレゼント、お祝い豆知識をご紹介してまいりました。お役に立ちましたでしょうか。

子供の成長は早いものです。親の立場では現金のお祝いのほうがうれしいのは確実ですが、甥っ子は親しい間柄です。品物でプレゼントされるのもよいのではないでしょうか。