暮らし・生活

母の日2022「花の種類」と「花言葉」を紹介!感謝を花に込めてメッセージ!

毎年5月の第2日曜日は母の日!あなたはお母さん(お義母さん)に何を贈りますか?

日頃何かとお世話になっているお母さんに(お義母さん)、感謝の気持ちを込めてお花をプレゼントしたい。でも、いろいろ種類があって何にすればよいのか決まらない。

縁起の悪い花言葉の花でも贈ってしまったら大変です。

そんなふうに悩んでいる方に、母の日に贈って喜ばれる花の種類と花言葉をピックアップして紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

母の日に贈る花の種類とは!

母の日といってまず思い浮かべる花といえば「カーネーション」ですね!

近頃は、カーネーションは赤・ピンク・オレンジ・青・紫など色も豊富で選ぶのも楽しくなってしまうほどです。

比較的安く購入できることと、金額の割にボリュームがあって、豪華さと可愛らしさ、そして優しさを感じることのできる花として大変人気となっています。

その他に人気が高い花がコチラ

  1. カーネーション
  2. ガーベラ
  3. バラ
  4. アジサイ
  5. ラン(胡蝶蘭)
  6. チューリップ

スポンサーリンク

母の日に贈る花の花言葉は!

それでは母の日に贈りたい、そして贈って喜ばれる花の花言葉を紹介していきますね。

カーネーション

 

まずは母の日に贈られる定番のカーネーション。

赤やピンクは、花言葉が母の日に合っていることもカーネーションを選ぶ理由のひとつでもあります。色によってに花言葉が異なりますのでご注意くださいね。

ただ白は、母の日の由来で亡き母に贈ったというエピソードがあり、故人にたむける花のイメージがありますので、母の日のプレゼントとしては避けたほうが良いでしょう。

花言葉
母の愛・母への愛・母の愛・真実の愛
ピンク感謝の心・あたたかい心・気品・美しい仕草
オレンジ情熱・熱烈な愛
永遠の幸福
気品・誇り
亡き母を偲ぶ・私の愛は生きている・尊敬
黄色軽蔑・嫉妬

黄色も避けたほうが良さそうですね。

ガーベラ

 

キュートで可憐なイメージの人気の花です。「希望」「前進」の花言葉を持つ花、ガーベラ

花言葉
ピンク感謝・崇高美
オレンジ神秘・冒険心
黄色究極美・究極愛
神秘・燃える神秘の愛

バラ

 

恋人に贈る場合は、本数によって意味がそれぞれありますが、母の日には、8本贈ると「あなたの思いやりや、励ましに感謝」という意味になります。

華やかで甘い香りのバラは、多くの人に愛される花の代表格ですね。

恋人に贈るというイメージがありますが、もちろん母の日に贈っても喜ばれる花です。

花言葉
愛情・美
ピンク感謝・熱愛
純粋な愛・尊敬
誇り・気品

アジサイ

 

小さな花弁の集まりであるアジサイには、「和気あいあい」「家族」「団らん」「移り気」という花言葉があります

品種も多く、鉢植えの場合だと、後に庭などに地植えすることもできることから、母の日に贈る花として人気の高い花ですね。

色別による花言葉も考え合わせながらぴったりくるものを選んでみて下さい。

花言葉
青・青紫辛抱強い愛情
赤紫・ピンク元気な女性・強い愛情
寛容・ひたむきな愛情
ガクアジサイ謙虚

ラン(胡蝶蘭)

 

フラワーギフトの中でも高価な、そして気品とゴージャス感のある姿形から好まれてきた存在感抜群のお花です。

花言葉は、色に関わらず「幸せが飛んでくる」。

母の日にぴったり!!

蝶のようにひらひらした花弁から名付けられたそうですよ。

花言葉
清純
ピンクあなたを愛します

チューリップ

春の花としてなじみ深く、愛らしい親しみやすい姿からチューリップの花言葉は、「やさしさ」「思いやり」「博愛」

常に家族を思いやってくれるお母さんのイメ―ジにぴったりな花言葉ですね。

派手さや、ゴージャス感よりもほのぼのとした優しさを感じる花。他の花に決して負けない母の日のフラワーギフトとしておすすめです!

花言葉
愛の告白
ピンク誠実な愛・愛の芽生え
黄色望みのない恋・名声
不滅の愛
失われた愛

チューリップもカーネーション同様、白や黄色は避けたほうが良さそうですね。

母の日の花に添えるメッセージで感謝を!

花を贈るとき渡すとき、メッセージカードを添えてあげるとお母さん(お義母さん)はとても喜びます。きっと喜びも嬉しさも倍増するはずです。

「母の日」の力を借りて、感謝の気持ちを伝えましょう!

電話でもいい、LINEでもいい、メールでもいいのです。

言葉で表現することに意味があるのです。

お花屋さんでは、メッセージカードを用意してあるはずですから、是非「ありがとう」を伝えましょうね!

まとめ

母の日に贈りたい人気の花の種類と花言葉を紹介してみました。参考になりましたでしょうか。種類や色がたくさんあり迷ってしまいますね。ときには定番以外の色も楽しんで選ばれるのも良いのではないでしょうか!

お母さん(お義母さん)の喜ぶ笑顔を楽しみに素敵な花を選んでくださいね!