エンタメ

アラフェス嵐会、This is 嵐のセルフライナーノーツの全文はコチラ

2020年11月3日に、アラフェス、嵐会での【This is 嵐】セルフライナーノーツ(自分たちで音楽レコードや音楽CDのジャケットに付属している冊子等に書かれる解説文について話す)の配信がありました。

音源のみでしたので、これを聞き逃した方に今回は私の知る限りの情報をお届けしたいと思いますので、CDを片手にお楽しみいただければと思います。

This is 嵐 セルフライナーノーツ

座談会みたいに楽しい笑い声のなか始まり、『This is 嵐』1曲めから。。。

1.SHOW TIME

松本:ディスコ調のノリもいいよね!

二宮:もはや安心できるよね~我々にとっては!(そうだね~)

相葉:でも新しい感じするんだよ

松本:私達が今までやってきた、こう乗りのいい曲っていうのと今っぽいのがミックスされてる感じだよね(確かにね~!)

櫻井:アルバムの始まりって感じがするね

二宮:ちょっと抜けてる感じもいいよね

大野:なんか優しいよね

二宮:バチーンと行かない感じがさ

相葉:ちょっとレイドバックな感じね(おっ!笑、どういう意味どういう意味?)

相葉:ゆったりした感じよ(笑)

2.Turning Up 

櫻井:最初にみんなでミュージックビデオのプレミア公開だっけ?しながら見たのが新鮮だったね(あれは新鮮だったぁ~)

松本:あえていうならあれは2度目のデビューでしたね

Netflixの11話を挟む(途中省略)

松本:タイトルで議論したかな。普段の喋り言葉ではTurning Upとは使わない言葉なんだよ、造語に近いんだけどあえてこれにした!

相葉:この曲はすごく英語と日本語がうまく混ざり合って違和感がないんだよね。

松本:アンドレアスとエリックは日本語の五感の響きみたいなのを凄くわかってる人(あぁだから違和感ないのか!)なのでどこまで英語にするべきなのかどこを日本語とミックスするのがいいのかみたいなのを結構バランスをとってくれる。

アメリカの人たちが聴いている音楽とJPOPの違いをよくわかってくてるから両方のよいところを取ったハイブリットな曲をつくりたかった。

大野:英語歌詞でこんだけ歌ったのはなったから戸惑ったけど、縦な感じじゃない?メロウではないから、という意味では歌いやすかった印象がある!しっくりきてた。

相葉:スッテップが異常に疲れるアレ!細かい!床によって足へのダメージがすごい!アスファルトはもげそうになる!(そんなに?笑)

3.I Can’t Wait For Christmas

櫻井:新鮮じゃない?しっとりしているわけでもなく、なんかこう、だんだんクリスマスがくるワクワク感があるよね~

二宮:飾り付けしている最中に聴いてほしいよね

松本:今年に限らず聴いてほしいよね~

大野:12月からこれ聞いてほしいよね!

二宮:めずらしいんだよね、こういう季節モノ。

櫻井:これは満場一致の曲だね。5票はいってた。

全員:俺らが求めているのはクリスマス(笑)21年分のクリスマスの思い(笑)

4.Whenever You Call

二宮:ブルーノ・マーズ書き下ろしでございます!ロスで日本食を食べてたとき書いてもらえたら凄いよね~と未来予想図的な話をしてたよね、それがどうやって?

松本:つながってる人伝いにオファーしたけど、ゴリ押ししたけどタイミングが合わずにこの時期厳しいってこで一回ボツってる。

コロナでダメ元でまたオファーしたら、今ならできるってことで、そこからは早かった!快く受けてくれて、そこからブルーノは嵐を調べてくれた。

全員:デモ、ブルーノめちゃうまかった!あれ聴いてからの歌うプレッシャー半端なかった!

相葉:レコーディングにとりかかるまで凄いめちゃ道のりが長かった。

二宮:ハモやってきてよかったよね!今までの経験値がのっかってきた!

櫻井:MVも良いよね!MVも良かったけどレコーディングの合間にTIK TOKの超くだらないのをとってたのが落差がすごかった!

松本:MV好きだなあ、From東京感が好き!

大野:夏だよね撮ったの

5.いつか秒針のあう頃

IN THE SUMMERと同じく、スウェーデンのプロデューサー、ラミヤコブさん参加の曲

ワン・ダイレクションとかレディ・ガガ、アリアナ・グランデ、ブリトニー・スピアーズなどの曲を作った方

ジャニーズっぽさを感じる曲!

6.IN THE SUMMER

これもスウェーデンのプロデューサー、ラミアコブさん参加の曲

大野:別人が作ってるような曲だよね

櫻井:大野さん歌い出しレゲエ感でてるよね?

7.カイト

松本:初めて聴いたときから懐かしかった!(懐かしかった!いい表現ですね)聴いたことないのに聴いたことがあるような。。。

二宮:めちゃめちゃシンプルじゃないですか?歌い分けの構成としては!

櫻井:珍しいよね!

大野:確かに!

櫻井:ソロないよね。(ないない)

相葉:何回か聞くと口ずさめるというさ、不思議なさ、簡単な歌なわけじゃないのにメロディが入ってるという。。。

8.BRAVE

国立つながり!アルバムには初登場

櫻井:(書けて)嬉しかった!ラップ書いてたのCMの現場だった気がする!情報がたくさんあったから助かった!結構早かったと思う。入れたいことが明確にあったから。

櫻井:男臭い曲を嵐が歌ってるって新鮮だった!

相葉:ピカンチ的なね!

二宮:和楽器が入ってる!三味線、琴、マンドリンを探してもらうのもおもしろい

9.Party Starters

全員:これは、お待たせしましたと言わんばかりの!我々としてはやっと配信できた曲!

大野:この曲はですね、アメリカからサム・ホランダーさんが参加してくれました!ケイティ・ペリー、ワン・ダイレクション、らの曲を書いてる方ですよ。

櫻井:作り方でびっくりしたのは、2コーラスのラップセクションなかったから松潤が言ってくれて急遽ラップいれることになって作ったんだよね、そしたら明日まで作れるでしょ?て!すごいテンポ感!ノリなんだよね~

全員:びっくりするくらい疲れたもんね歌い終わったあと。ぶっ通しで歌うから。途中で切ったりしないから、休憩なしのね、

全員:今年の2月くらい、LAに行けて良かっよね~。ぶっ通しのLAレコーディング!

10.Do you…?

相葉:ヌケ感のある曲がほしかった!これがピッタリとおもった。

二宮:冷静に、これ歌える人他いんのかな?わりと見つかんねえんじゃないかな?嵐くらいしかいないと思う

大野(振付):ダサいまでは行かないけど肩の力抜いたダンス、きめ細かく決めてない。それで生まれたのが相葉ちゃんのウィキポンダンス!

11.The Music Never Ends

全員:いい曲だよね~

二宮:これ大好き!アメリカのジュリアンに書いていただいて。

全員:すっげーな!

相葉:広がってく感じがすごいよね

松本:リボーンシリーズとかのオファーに行ったとき(途中省略)、アルバム用の、音楽はいつでもそばにあるっていうか、音楽は終わらないみたいなイメージでつくってもらえないかな、というのをオファーした。

櫻井:やっぱこれは最後だよなあ、一番最後に来る曲だよなあ

大野:確かにね

二宮:音楽はいつまでも鳴り止まないけど終わるんだったらこの曲なんだよね

櫻井:いいこと言うじゃん!もう1回言ってよ(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回セルフライナーノーツはラジオ形式の配信でした。

細かいところまで再現できなかったですが、聞き逃した方のために少しでも嵐の3年ぶりのオリジナルアルバムの話を知りたいのではないかと思い記事にしてみました。

いかがでしたでしょうか。

アラフェス 2020 at 国立競技場 配信ライブ、嵐の皆さんありがとうございました。

DVD発売を期待したいと思います。